月次アーカイブ: 4月 2015

おもに性行為によって相手から感染してしまうのが性病であり、昔からさまざまな種類のものが知られています。なかでも、性器ヘルペス症というのは、比較的感染しやすい病気で、感染後数日から数週間は症状が出ませんが、その後疼くような痛みのある小さな水ぶくれが性器やそのまわりに現れます。通常はそこまでには至らないことも多いですが、女性の場合には、子宮頚管やぼうこうにまで感染してしまうことがあり、特にそれが原因で尿道炎を併発した場合には、排尿の際に激痛をともないます。
こうした性器ヘルペス症は、抗ウイルス化学療法剤の一種であるバルトレックスなどを服用することによって治癒します。バルトレックスにはウイルスの増殖を防ぐはたらきがあるため、通常は1日2回の錠剤の服用を5日間続ければよいものとされています。
ただし、このヘルペスウイルスが通常の病原性微生物と異なるのは、こうした症状が治癒したあとも、体内の神経節とよばれる部分にウイルスがとどまり続けて潜伏しており、一生涯にわたって完全に駆逐することはできないというところです。そのため、疲労・ストレスなどで宿主の体力が低下すると、このヘルペスウイルスは再び活発化して、性病の症状が再発してしまうことになります。バルトレックスには、実はこうした再発を防ぐために毎日少量を飲み続けるという使用方法もあり、その場合の再発リスクの低下率は7割以上とされています。
再発頻度が年6回以上というのが、こうした方法が使用ができる人の目安ですが、いずれにせよ毎日の服用は薬代、定期的な病院での診察など負担が大きすぎます。そこで、現在では海外の安い価格の医薬品を通販で個人輸入することも盛んになっており、輸入代行業者などが通販サイトを開設しています。バルトレックスも例外ではなく、こうした通販サイトでの購入は可能となっています。

バルトレックスは、ヘルペスウイルスが原因となって起きる疾患に効果を発揮する抗ウイルス薬です。ヘルペスウイルスによる疾患としては、性器ヘルペス、口唇ヘルペスが代表的なもので、正確にいえばウイルスのタイプが若干異なるのですが、どちらも水ぶくれのような出来物があり、痛みをともなうという症状が特徴で、バルトレックスによって治療が可能なものです。
このヘルペスは、水ぶくれなどの症状がなくなり、治療が成功したと思っても、実は神経の中などにウイルスが潜伏して活動を停止しているだけであり、風邪やストレスによる疲労などで体調が悪化したときには、またたく間に再発する可能性が大きいものです。
いったん感染すると体内から完全にヘルペスウイルスを除去できないのは難点ですが、バルトレックスには、実はこのような再発を抑制する効果もあります。通常の治療であれば、1日に2回、1錠を服用するのが標準的な成人の用法・用量ですが、再発防止が目的であれば、1日に1回、1錠となり、これを毎日継続します。服用する期間についての決まりはありませんが、通常であれば半年や1年といった節目には検査や医師の指導を受けて、服用を継続するかどうかを再判断するということになります。
バルトレックスを毎日というのでは薬の価格も相当なものとなりますが、現在では海外からの通販で個人輸入して安く手に入れるという方法も可能です。海外通販の場合、法的な縛りから、個人として使う分だけを1か月以内の量までという1回あたりの制限がありますが、それでも国内での正規の薬価と比べればかなりのメリットとなります。現在ではこうした海外との通販を円滑にする専門サイトもネット上には多数存在しています。