再発前に通販でバルトレックスを購入

ヘルペスウイルスは、性行為などによって感染して性器ヘルペス症を引き起こすことがあり、この病気にかかった場合には、性器に小さな疱疹ができ、痛みが生じることがあります。
この病気は、バルトレックスのような抗ウイルス化学療法剤を使えば、標準で5日分の投与によって治癒しますが、実はウイルスはその後も知覚神経をさかのぼって神経節に居座り続けるため、完全に体内から締め出すのは困難といわれています。
この潜伏状態にあるウイルスは、ストレスによって体の免疫力が低下すると、再活性化をはじめるため、性器ヘルペス症は再発がしやすく、人によって頻度は全く異なるものの、いったん治癒したのに、数か月後に再発するなどということがあります。
バルトレックスには、通常の治療目的での投与のほかに、その半分の量を毎日継続して投与することによって、性器ヘルペス症の再発を予防するという効果も確認されています。日本でも厚生労働省から承認済みのバルトレックスの医薬品としての効果・効能に、後から性器ヘルペス症の再発防止という事項が追加されています。この場合、年に6回以上の再発が認められるケースについてを対象としています。
このバルトレックスですが、国内では旧薬事法、現在の医薬品医療機器法の規制により、医師の処方箋がなければ入手困難なため、再発のたびに受診するのは手間がかかるものです。
医師の処方箋がいらない例外としては、海外から直接の通販で個人輸入するという方法があり、バルトレックスも輸入代行業者が開設する通販サイトなどで申込みができるようになっています。ただし、これも法的な規制によって、海外通販が認められるのは、自己使用目的で1か月分の分量までに限ることとされていますので注意が必要です。

■性病にはこの医薬品もオススメ
ジスロマックの販売サイトはこちら
■参考サイト
バルトレックスの服用期間
■自宅で簡単に検査できる医薬品はこちらがおすすめです
HIV検査は怖くない